11.22.2008

変わりゆく空の旅



福岡~バンコク(タイ)の 航空チケット(片道) = 23,500円
バンコクで食べたヤキソバ  =  30BTH(90円)
旅行で得た出会い = プライスレス


お金で買えない価値がある。


買えるものは、、、なるべく安く!が基本です。


「福岡~バンコク」が片道23,500円も、そこそこ安いと思うけれど、
いやいや、来年、空の旅はもっと安くなります!

少し前のニュースですが、
2009年に日本路線に参入する意向を正式に表明した。
フェルナンデスCEOは「就航記念として東京―クアラルンプールであれば、片道25ドル(約2600円)を打ち出したい」と語った。羽田拡張や茨城空港開港が予定される2010年には運航を本格化。札幌、名古屋、大阪、福岡の主要都市への乗り入れ拡大も検討する。

ついに、アジアの雄、エア・アジアが日本に乗り入れ。がんばって欲しいですね。
日本では認知度ひくいですが、いわゆる「ロー・コスト・キャリアー」と呼ばれる格安航空会社ですね。
こないだ「バンコク(タイ)~プノンペン(カンボジア)」はエア・アジアを使いました。

ネットで決済、チケットはもちろんメールで送られてくる。
徹底的なコスト削減で、預け荷物の数によって料金が違ったり、機内食はオプション。
「必要な人は、必要な分のコストを払ってね」という姿勢なのだ。
なんでもかんでも「いたれりつくせり」の日本勢とはちょっと違う。

タイのスワンナプーム国際空港では、エア・アジアのカウンターに行列が。
アジア系も、ヨーロッパ系も、ものすごく多い。



しかも、先日、「燃油サーチャージを撤廃」と発表。
確実に日本の空に大きなインパクトを与えそうだ。

よく批判されるANAも、JALも、決して努力が足りないわけじゃないだろうし、
「おもてなし」の方向性も、それはそれで楽しいものだとは思う。
ただ、多くの選択肢がある方が、みんな楽しいに決まってる。


海外旅行は、もはや日常。もっと外へ出て行こう!





より詳しい話は、この本をチェック!





おまけ

カッチョイイコマーシャル



ファンが作ったのかな?とにかくユーモラス。

Air Asiaのヒストリー  NOW EVERYONE CAN FLY





2 comments:

satosy kikyo said...

airasiaの動画、始めて見た!サンクス!
ブラジルも新しいLCCできたみたいです。
ジェットブルーの経営者が、作ったようです!
レポしよっと。

yuji kawasaki said...

おお、ブラジルのLLCいいね!見ました。素晴らしい。