3.16.2008

Branded Communication



近頃どんどんグローバルになっていく世界ですが、
グローバル化すればするほど、
コミュニケーションのうまいやつとそうでないやつの差が出るような気がする。

コミュニケーションは、「相手にわかるように伝える」ことが基本。
例えば、相手が英語圏の人なら、こちらも英語でしゃべらなきゃ伝わらない。
たとえ、「いいもの」を持っていても、それをうまく表現して、
相手に「いいね」と思ってもらえなければ、独りよがりになってしまう。

世界で成功しているブランドを見渡すとき、
そこにどれだけ日本のブランドがあるだろうか。
あるブランドが世界的に成功するためには、その商品がよいだけでなく、
その魅力の「伝え上手」でなければならない。

日本人はよく「ブランド好きは中身が無い」という表現を好むけど、
これって単に「伝えベタ」のコンプレックスじゃないかと思う。
たくさん魅力を持った国なのに、伝え方で損している国かも。

ある技術やものごと、精神性の面において、深く入っていくことは得意だけど、
それを外に発信して、つながりを見つけ、みんなで楽しむ、
そしてリードしていく、って事に関してはこれからなんだろうな。

・・・と、最近、よく思う。
Posted by Picasa

2 comments:

satosy said...

たしかにプレゼンとか伝えるスキルが話題になってるね。映画でのゴア、appleのスティーブンジョブス、そしてオバマ!しかも、彼らが伝えようとしている内容も「今」を象徴してる気がするね~
英語がすらっと聞き取れるsatosyになって字幕なしで聞いたら、彼らの伝えるスキルがもっとよく分かるんだろうな~

yujikawasaki said...

たしかに彼らのプレゼンは、もうアートの領域に達しているといっても過言ではないね。
最近、なにげにyahoo.comがおもしろい僕です。yahoo musicとか。